このページの本文へ移動
9:00-22:00 (受付 21:00まで)
休館日:年末年始(12/28~1/4)
0299-48-4466
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップみの~れQ&A> みの~れQ&A

みの~れQ&A

  みの~れについてよくあるご質問や、知って得する情報を「みの~れ うんちく集」としてまとめていきます。
  物語が生まれれば、その分だけ“うんちく”が増えます。

Q:「みの~れ」って誰が考えた名前なの?

  A:みの~れオープン1年前に愛称を募集したところ、全国47都道府県全てから、また、遠くはロンドンやニューヨーク、カナダから、2,668点の作品が寄せられました。愛称選考委員会が第一次選考で絞り込んだ18点の中から住民のみなさんに人気投票していただき、これで一番多かった「四季文化館」は正式名称に採用されました。作品は最終的に「みの~れ」を含む2点に絞られ、「美野里」という町名をアレンジしてあること、「文化がみの~れ、作物がみの~れ、全てのものがみんなみの~れ」という由来が評価されたことなどから選考委員すべてが支持し、決定しました。羽鳥在住の野手利江さんが名付け親です。
  野手さんによると、みの~れの「~」が真っ直ぐではないのは、オープンまでいろんな苦労があり、「山有り谷有りありました。きっとこれからもいろんなことがあるでしょう。でも私たちはどんなときも前向きにみの~れを愛し、育んでいきましょう」という想いが込められているそうです。
  想いのこもったステキな名前をつけてもらって、みの~れも喜んでいます。

  • 美野里町文化センター(仮称)愛称選考委員会委員 
                                                              ※所属は平成13年8月時点
委員名 氏名 所属
委員長 藤本 信義 宇都宮大学
委員 佐藤 修 (株)コンセプトワークショップ
委員 大嶽 一省 メディアクリエイター
委員 高野 武 茨城新聞社石岡支局長
委員 能祖 将夫 こどもの城青山劇場制作課長
委員 荒川 一秀 美野里町議会議長
委員 百目鬼 淳 美野里四季を彩る文化のまちづくり創造委員会委員長

 

Q:休館日はいつ?

  A:12月28日~1月4日です。年末年始以外、休館日はありません。週1日の休館日を設けている公共ホールが多いですが、住民の文化創造拠点として毎晩のように人が集うみの~れには、「利用者である住民にとって使い勝手が悪くなる」ということで休館日はあえてつくりませんでした。これも住民の人たちと決めたルールです。

Q:みの~れの大きさを教えて!

  A:みの~れは地上4階建て。とはいっても、みなさんがご利用になるホールや練習室は全て1階にあります。森のホールの客席を上がっていくと2階のホワイエとつながっています。みなさんが行くのはここまで。
  その上には、音響・照明の調整室やピンスポットルームなど、裏方さんが活躍する場所があります。
  屋上に登ると、そこはこのまちで一番高い場所(たぶん)。水戸にある県庁がよく見えます。一番高いところは25m70cmです。

Q:オープニングイベントは何をやったの?

  A:よくぞ聞いてくれました!みの~れこけら落とし公演は、「田んぼの神様」という、1年2ヶ月の稽古期間を経て創りあげた、美野里住民参画オリジナルミュージカルです。
  春の訪れと共にひばりが飛び交い、のどかな牛の声が聞こえる自然豊かな美野里の大地。米作りに精を出す人々の間で、それぞれの将来を語り合う若者たち。真夏の池花池で陽気に歌うカエル達。満天の星空の下、母鳥が小鳥たちに精一杯生きることの大切さを伝えている。美野里の四季の歌にのせ、生きとし生けるものが成長していく姿を演じる、そんなミュージカルでした。
  演じたのは、一般公募で集まった、いわゆるフツウの住民の人たち82名。企画構想の段階から、衣裳縫いや小道具づくり・宣伝・当日の運営など実行委員としてサポートした住民の人たちが70名。総勢150名もの住民の人たちが「演劇ファミリーMyu(みゅう)」として、みの~れの誕生を祝いました。
  ちなみにこの人たちが中心となり、新たなメンバーも年々増えて、現在もMyuは元気に創作活動を続けています。

Q:鳥みたいなマスコットはなにもの?

  A:はい。「BIRD」といいます。“足が2本生えていればBIRD”ということで、さかなのようなBIRDやピアノBIRD、太鼓BIRDなど、いろんな種類のBIRDがい~っぱいあるんですよ!
  BIRDはパソコンで色付けできるので、世界でただ一つ、あなただけのオリジナルBIRDをつくり、缶バッジやTシャツにすることも可能です。BIRDを通して、みの~れとつながってもらいたい、そんな想いでBIRDプロジェクトを進めてきました。今後も続けていきますので、BIRDワークショップにぜひ参加してください!

Q:館職員は市の職員?それとも財団?

  A:これもよく聞かれる質問です。
  館長・芸術監督・舞台技術管理マネージャーは民間登用、あとは市の職員です。
  詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

 


掲載日 平成29年3月16日 更新日 平成29年3月27日