このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップtest2みの~れ成長物語> みの~れ15歳記念オリジナル「まんまるムーン」

みの~れ15歳記念オリジナル「まんまるムーン」




チラシ表


 
☆公演CM公開中!ぜひともご覧下さい!
みの~れ15歳ミュージカル『まんまるムーン』CM【行こう、小美玉】(1)↓
※クリックするとご覧になれます。

名称未設定-1

みの~れ15歳ミュージカル『まんまるムーン』CM【行こう、小美玉】(2)↓
※クリックするとご覧になれます。

名称未設定-2

公演の様子

1

210
1414
1920
2426
2729
34 (1)35
3738
4045
14
51

 

あらすじ

「月は地球の歴史を映し出す鏡じゃ」
伝説は受け継がれ、早乙女光は冒険の旅に出るーーーーーー
15歳の志。
十五夜における奇跡。
勇気と友情。
決意と絆。
この秋、演劇ファミリーMyuがお届けする、最高のファミリーエンターテインメント!

公演概要

期日

平成29年10月7日(土曜日)18:00開演・8日(日曜日)14:00開演

会場

四季文化館みの~れ  森のホール

ごあいさつ -公演パンフレットより-

小美玉市長 島田穣一

本日はご来場いただきまして誠にありがとうございます。小美玉市では、本市の名前からイメージされる「小さく美しい玉」これを宝石の王様であるダイヤモンドに見立て、住民一人ひとりの可能性や地域の資源を見つけ、磨き上げ、光をあてて輝かせるまちを目指した、まち・ひと・しごと創生総合戦略「ダイヤモンドシティ・プロジェクト」が動き始めております。若者が希望を叶え、子どもからお年寄りまで小美玉市の魅力を誇らしげに語りだす、シビックプライドの高いまちを目指しております。
そうした中、「小美玉市まるごと文化ホール計画」に基づき、住民主役・行政支援の文化のまちづくりによって年代や職種を超えた交流が生まれ、創造的人材を創出し、地域の魅力を持続的に高める本市の取り組みは、全国トップレベルの事例として注目を集めております。こうした取り組みが、参画の輪をさらに広げ、地域の活性化と若者の定住促進に繋がることを期待しております。
結びに、本事業にあたり、多大なご支援、ご協力をいただきました関係者の皆様に心からお礼を申し上げるとともに、文化芸術を通して、心の通い合う地域づくりに今後ともお力添えを賜りますようお願い申し上げます。

館長 山口茂德

本日は、四季文化館みの~れ15歳記念事業住民ミユージカル「まんまるムーン」にご来場いただき誠にありがとうございます。振り返りますと、平成14年11月3日にみの~れがオープンし、開館記念こけら落とし公演で「田んぼの神様」が住民参加によって上演されまれした。その大きな感動が心に刻まれ、翌年に住民劇団「演劇ファミリーMyu」が誕生しました。その後、幾多の経験と困難を乗り越え、劇団員で脚本・演出・舞台美術(大・小道具・装飾)衣裳・音響操作・照明操作など多岐にわたり、自前で創作できる環境にまで成長され、今日を迎えております。この度の公演は、みの~れ誕生15年・十五夜・15歳立志など15歳に因んだ15を意識して作られ、勇気と友情・決意と絆を表現した最高のファミリーエンターテイメント公演です。最後までごゆっくりとご覧下さい。

みの~れ15歳記念事業実行委員会 実行委員長 近田由美

本日はみの~れ15歳記念ミュージカル『まんまるムーン』にご来場いただき、ありがとうございます。この秋に15歳を迎えるみの~れには、“みの~れ愛”あふれる住民参画ボランティアである『みの~れ支援隊』(4部門7組織:158名)があります。それぞれがさまざまな形でみの~れ15歳をお祝いしております。本日もお客様にとって、本公演がより思い出に残るものとなるよう、支援隊としても陰ながら支えさせていただいております。
また、こうして盛大に15歳を迎えられるのも、ひとえに普段より私たちを支えて頂いております皆様方のおかげと感謝申し上げます。支援隊も皆様に愛され、ご利便に叶いますよう更に努力してまいります。
今後も12月まで15周年に関する催し物が沢山続きますが、ラストは12月17日の15周年を祝う記念パーティーです。午後のひとときをご一緒にお過ごしになりませんか?
本日ご来場いただきました皆様には、これまで以上のご支援ご鞭撻のほどよろしくお願いいたしましてご挨拶といたします。
 

みの~れ住民劇団「演劇ファミリーMyu」代表  柴山真理子

本日はお忙しい中、ご来場頂き、誠にありがとうございます。2017年11月、みの~れは15周年を迎えます。Myuは、たくさんの方々からのご支援・ご協力を頂きながら、みの~れと共に成長してきました。2007年には、Myuの選りすぐりの役者陣で創り上げる「ここで遭えたら・・・シリーズ」をはじめ、2015年からは、将来の文化のまちづくりを担うリーダーの更なる成長を促すため、一切のプロデュースを任せるMyuユースプロジェクト「Twinkle★Twinkle」など、多彩な創造活動が展開できるまでになりました。また、Myuではたくさんの方々に舞台の楽しさを体験して頂ける様、年2回ワークショップも開催してきました。今、それらの出会い一つひとつが宝物であり、活力となっています。
本作、タイトルにもある”ムーン”。見上げればいつも空にある月のように、いつも見守ってくださっている方々に、私たちの感謝の思いが届くよう舞台を輝かせます。また、今回の公演でもアンサンブル枠を設け、多くの方々が様々な形で舞台に立てるよう参加し易い環境を心がけています。これからもMyuが出会いの懸け橋となり、人々の自己表現の場、コミュニケーションを高める場、夢をかなえる場として、地域住民の皆さまと歩んでいきたいと思います。最後に、公演にあたり、多大なご支援、ご協力を頂きました関係者の皆様に心からお礼を申し上げます。

演出  新井良和

志を立て・・・そして大人になる。
立志の時。15歳になるみの~れも、晴れて大人の仲間入り。
みの~れとともに生まれ歩んできたMyuも15年。ファミリーの名の下に、あたたかい絆を象徴に、沢山の方々から愛情を受け育てられて今があることに感謝しています。
『まんまるムーン』は十五夜のお月見泥棒をヒントに描かれたファンタジー作品。
”月はいつもそばにいる”
まさに僕たちにとってのみの~れ。
月が太陽に照らされて光を放つように、住民があるまることで輝くものがみの~れである。
今作も56名のキャストに創作スタッフを含めると100名以上の住民のチカラによって生み出されました。
見どころのひとつの圧巻の舞台美術やアイデア満載の衣装をコツコツと仕上げて下さった保護者の方々には脱帽。毎回の稽古を支える演出部も住民がこなし、各セクションのプランから広報宣伝に至るまで、住民主導で実現できるようになったことは、この15年間常に挑戦し続け、少しずつ積み上げてきた確かなMyuの財産です。
今作の新たな挑戦は、15歳前後の若者たちをメインキャストに抜擢し、想像を超える厳しい稽古を乗り越え舞台に送り出します。きっと彼女たちの努力はカーテンコールでの笑顔に変わり、皆様の大きな拍手に包まれて、新たなMyuの財産となると信じています。
15歳になり大人への一歩を踏み出すみの~れへ。いつどんな時も、立ち上げの理念を忘れず、これからもこの街のシンボルであれ。
”Heart of the citizen. Heart of the people"
最後にその大きなチカラで「まんまるムーン」を・・・Myuを・・・さらに輝かせてくれた音楽の平島慎吾さんや振付の吉田ひかるさん、そしてMyuから羽ばたいていく廣木葵に心から熱く感謝を申し上げます。
本日はご来場誠にありがとうございました。

スタッ

原案:Myu文芸部
脚本:まんまるムーン脚本チーム(新井良和・加藤彩子・武石千絵子・廣木葵・岡田勇太)
演出:新井良和
音楽:平島慎吾
振付:吉田ひかる・廣木葵
テクニカルプランナー・照明:川井昌幸
衣装:筑内雅明
舞台美術・小道具:廣木たみ子
演出補:武石千絵子
歌唱指導:柴山真理子
衣装製作:倉持昌弘(あけぼの洋装店)・廣木たみ子・保護者の皆さん
舞台美術・小道具製作:保護者の皆さん
照明調光:新井晴香
照明フォロー:赤上惠(スタッフエッグ)・酒井和美
音響操作:中村智清
音響技術支援:櫻井竜生(ジャスト)
照明技術支援:飯村太一(ジャスト)
綱元:山形健樹(ジャスト)
舞台技術支援:阿部喜一(みの~れ)
演出部:皆川めぐみ・原田啓司・中村志乃・中泉健太郎・本田香菜美・仁瓶瞳・稲田佳菜・小澤麻奈美
広報宣伝:由利理恵子・下田あすか・小幡栞・永井千穂(みの~れ)
フライヤー:中本正樹(デザイン)・廣木たみ子(クレイクラフト)
映像記録・編集:細谷光央
制作部:Myu役員会・岡田勇太(みの~れ)・永井千穂(みの~れ)
助成:みの~れ15歳記念事業実行委員会・大好きいばらき県民会議
主催:小美玉市・四季文化館企画実行委員会
ボランティア協力:みの~れ支援隊
協力:有限会社アストプランニング・株式会社ジャスト
企画制作:みの~れ住民劇団「演劇ファミリーMyu」
Special Thanks:
小倉屋食堂さま・カフェギャラリーベルデさま・狩谷工務店さま・学習塾絆さま
君羅新聞店さま・肉のシバタさま・とうがさき写真館さま・小村鍼灸接骨院さま
株式会社中里鉄工・こども英語教室ハッピーハウスさま・ファーストイニシアチブさま
美容室FunTimeタイムさま・美野里ライオンズクラブさま・石川二郎さま・竹公房和さま
HAIR ART VIFさま


掲載日 平成29年3月16日 更新日 令和2年6月23日