このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ文化財> 玉里史料館 参考展「埋められた浄土へのいのり」 -骨蔵器と経筒-

玉里史料館 参考展「埋められた浄土へのいのり」 -骨蔵器と経筒-

仏教が日本に伝来したのは6世紀のこととされています。お釈迦さまが火葬されたこともあり、8世紀になると火葬の風習が広がりをみせます。
一方で、11世紀の末法思想により、経典を後世に伝えるため、経典を埋納する経塚がつくられるようになります。

遺骨や経典は、長い年月を経て失われることが多いですが、それぞれを納めた容器「蔵骨器」・「経筒」は現在まで残されています。今回の企画展では、小美玉市内から出土した資料を中心に紹介していきます。

◆会期

平成29年11月3日(金曜日)~12月10日(日曜日)

会場

小美玉市玉里史料館

開館時間

9:30~18:00

休館日

月曜日、祝日※11/3は開館します

問い合せ先

玉里史料館 :TEL0299-26-9111


埋められた浄土へいのり チラシ2
掲載日 平成29年10月18日
【アクセス数